2016年11月17日

情状とは何ですか

ブログマンガ15完成.jpg

質問
 私はあすなろ君といいます。
 罪を犯して,捕まっています。犯した罪は,私自身が償わなければならないと考えています。
 ところで,私はひとりぼっちなので,法廷で情状証人になってくれる人がいません。犯した罪の被害の弁償もできません。
 一方,私と同じような罪を犯したM君は,情状証人になってくれる人があり,また,被害の弁償もできました。
 M君は執行猶予付の判決が出て釈放されました。
 私は実刑の判決が出て,刑務所に行きます。
 被害者の気持ちを思えば,私とM君の判決内容には違いがあって当然かもしれないとも思うのですが,そういうものなのですか?

回答
 ここで,この漫画を見て,「情状証人がいるかいないかは,捕まった被告人にはどうすることもできない事情なのに,情状証人がいて,周りの人から助けてもらえる人の方が,良い判決がもらえるのは,何か不条理ではないだろうか?」と思われる方もいるかもしれません。
 情状(刑を決めるにあたって,諸事情を考慮すること)の判断は,たんに被告人がかわいそうかどうかを見るというものではなく,被害者の苦痛が和らいだかどうか,被告人が再び罪を犯す可能性がないかどうかが,大切であるようです。
 すなわち,被害の弁償ができている方が,できていないよりも,被害者の苦痛が緩和されるので情状が良く,また,周りに被告人の立ち直りを支え監督してくれる人がいる方が,いない場合よりも,被告人の再犯可能性が減るので情状が良い・・・というもののようです。
 しかし,被告人のなした行為や,被告人の身の上に応じた,完全に公平な判断というものは,実際には困難なのかもしれません。判断される裁判官も,悩むところでしょう。
以 上
posted by asunaro at 09:57 | 刑事の問題

2016年11月09日

あすなろ君,ワンクリック詐欺に遭う

マンガ14回完成.jpg

質問
私はあすなろ君といいます。先日,パソコンでインターネットを見ていたら,いやらしい動画が無料で視聴できるというページに入り,無料ならと思い,つい,視聴を希望するという画面をクリックしてしまいました。
すると,パソコンの画面いっぱいに,「登録完了しました,2日以内に入会金10万円を振り込んで下さい」と記載されている画面が出てきて,しかもこの画面が,消そうとしても全く消えないのです。
相手の連絡先に電話したら,「解約金20万円を振り込め」と言われました。
私は,どうしたらいいのでしょう。このパソコンは,職場のパソコンなので,ものすごく困っています。

回答
1 これは,「ワンクリック詐欺」などと言われて,世の中を騒がせているものですね。
2 ここで,あなたと相手方との間には,入会金を支払うという合意はなかったわけですから,相手の要求する入会金を支払う必要はありません。
そして,解約の対象となる合意もなかったわけですから、相手の要求する解約金を支払う必要もありません。
3 そもそも,相手に電話もしない方が良いです。電話番号などのこちらの個人情報を相手に教えてしまうことになり,不利になります。
相手は,あなたを訴える等と言ってくることがありますが,なかなかそのようなことにはなりません。郵便物が送られてきても,実際に裁判所から送られてくる特別送達の郵便物ではないことがほとんどです。
万が一,裁判所から支払督促と題する書面が特別送達により送られてきた場合には,お近くの弁護士に相談してみて下さい。
4 画面が消えないという点については,その画面が出る前の状態までシステムの復元を行う必要があるといわれています。その技術的な方法を当職が教示することはできませんが,可能ですので,お金を要求する相手方に頼んだりしないで下さい。
5 職場のパソコンであるということについては,・・・どうしましょうか?

以 上
posted by asunaro at 16:19 | 日記

2016年02月15日

あすなろ君,就職内定を取り消される

ブログマンガ13回.jpg

質問
 私はあすなろ君といいます。学生です。先日,就職活動先の会社から内定の通知がもらえました。うれしくて,その後は遊び回っていました。
 ですが,3月の終わりになって,その会社から内定取り消しの通知が来ました。
 今になって内定を取り消されても困ります。この内定取り消しは認められるのでしょうか。

回答
1 一般には,就職の内定によって,解約権留保付きの労働契約が成立すると解されています。
  よって,会社の内定取消は,通常の解雇あるいは留保された解約権の行使ということができます。労働契約法16条は,「解雇は,客観的に合理的な理由を欠き,社会通念上相当であると認められない場合は,その権利を濫用したものとして,無効とする。」と定めており,内定取り消しの場合もこれに準じて考えられます。

2 判例では,陰気な印象なので当初から不適格と思われたが,それを打ち消す材料が出るかもしれないという理由で採用内定としておいたところ,そのような材料が出なかったから採用内定を取り消したという事案で,社会通念上相当として是認することができず,解約権の濫用にあたり内定取消は無効と判断された例があります(最高裁昭和54年7月20日判決,民集33−5−582)。

3  しかし,漫画のあすなろ君には,@内定後就労開始予定日までに卒業できなかった,A就職活動時に履歴書に嘘を書いた,B内定後に飲酒運転で刑事罰を受けた等の心当たりがあるようです。これらの事由は,内定取消の理由として社会通念上是認できるとされる場合があります(Bは,職種によります)。

以 上
posted by asunaro at 10:31 | 労働問題